FC2ブログ

Soundman BLOG

UK+FR+USA 12Oz denim Officer trouser "Loto"

011_20180405120512898.jpg

そもそものベースになるシルエットはイギリス軍のオフィサートラウザー。

シャツインの着こなしに適したやや深い股上とインタック2プリーツに綺麗なテーパードシルエット。

そこにフランス軍のモーターサイクルオーバーパンツのウエストベルトディティールを合わせデザインしました。

_MAY8482_201804051205310b8.jpg
_MAY8484.jpg
そんなわけでベルトいらずのModel ”Loto"(ロト)。

素材は薄からず厚からずの12oz Denim 。

洗ってアイロンかけずに無造作に履くのもよし、ビシッとプレスライン入れて履くのもよしです。

Tシャツ合わせからJK下のボトムスまで適応範囲も広いと思います。

かくゆう自分も先日の18AW展示会時3日続けてこれを履いていました(笑。

_MAY8486.jpg
左右のベルトが交差する特徴的なディティール。よく考えられています。

_MAY8488.jpg
尻繰りの縫い代はパイピングのトラウザース仕様。

さてタイトルのUK(イギリス)+ FR(フランス)の意味はこれでお分かりだと思いますが、

+USA(アメリカ)って、、、、?

_MAY8490.jpg
フロントファスナーですが、90年代のデッドストック TALON を使用。

今はないMADE IN U.S.A なのです。

それでグッとくるのは多分自分と同世代の人が多いかもしれないですが、それにまつわるエピソードを思い出しました。

90年代後半 自分が携わっていたNewRepublic (ニューリパブリック)というニューヨークのブランドの作る

トラウザーで使用していたのが、そのUSA TALON。

当時のバイヤーやらプレスの人たちから”さすがトムオートマン(デザイナーで古着コレクターとしても有名)!わかっている”なんて言われていました。

ところが次回の入荷から 同じトラウザーなのにYKKが付いてきました。

自分は”なんで???? 困るよ!”と申し伝えたところ

デザイナーのトム曰く

”ファスナーなんてたまたま工場にあるやつ使っているだけだ。日本製だから良いじゃないか!

日本人は本当に細かいところに拘るなぁ〜、、、。”と。

拍子抜けしたことを思い出しました。

もとい、Lotoの詳細です。

【MODEL】    Loto(ロト)
【STYLE NO.】 264M−803L
【SIZE】 36-38-40
【COLOR】   Indigo
【PRICE】    ¥23,000(+TAX)

取り扱い店舗に関してはHPのContactページよりメールかまたはそこに記載している電話番号にお問い合わせください。

なお、こちらの商品は Soundman Official web store ”1999”(OneTreeNine)にてお取り扱い中です。

気になった方はお早めに!

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2018/04/05(木) 12:44:38|
  2. Soundman 新作
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otootoko.blog87.fc2.com/tb.php/551-14134d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CHIHIRO IMAI

Author:CHIHIRO IMAI
Soundman (サウンドマン)デザイナー

【BRAND CONCEPT】
テーラード、ワーク、ミリタリー、スポーツとカテゴライズされる20世紀に完成した男服のディティールを掘り下げ、21世紀の視点からリ・デザインするStylish-low-teck clothes (スタイリッシュ・ローテク・クローズ)。


【Soundmanは全国のセレクトショップにて展開しています。http://www.soundman.jp】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する