FC2ブログ

Soundman BLOG

'18 A/W Soundman CLOTHIER 納品完了!

clother 2nd name 案

今年の春 福井を皮切りに札幌、渋谷とラウンドして

オーダーいただいたカジュアルJKのパターンオーダー イベント

'18 AW Soundman CLOTHIER 

先日無事に納品を完了しました。

初の試み、本当にオーダーしてくれる方がいるのだろうか、、、、

と始める前は少々不安でしたが、

蓋を開けてみると思った以上のお客様に

思い思いの素材でオーダーいただきました。

またこのイベントは直接エンドユーザーの皆様と交流でき、作り手側の人間としても非常に刺激を受け

これからのものづくりに反映できそうです。

職人さんも高齢のため、いつまでできるかわかりませんが、少なくとも来年は継続して縫っていただけるようです。

なので自分用にも1着New Castleを作りたいのですが、正直まだ決め切れていないです(笑。

自分のものとなると結構難しいものですね、、、。

今回オーダーいただいた皆様本当にありがとうございました。

お気に入りのジャケットに加えていただけたら作り手冥利に尽きるというものです!

なお、先日Instagramに皆様のジャケットを羅列して画像アップさせていただいておりますので

ぜひご覧下さい!

さて来年のスケジュール等々は当ブログ、またinstagramにてお伝えしていきます。

皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。




  1. 2018/12/05(水) 19:11:44|
  2. 服作りの現場より
  3. | トラックバック:0

3way M-47モッズコート "LaGuardia"(ラ・ガーディア)

昨日の渋谷novoreにおける1999Real storeにお越しいただいた皆様 ありがとうございました!

来月12月はクリスマス前の23日の開催予定。

彼女さん、奥様同伴で欲しかったアイテムをねだってみてはいかがでしょうか?(笑。

さて本日のグログで紹介させていただくのは今季初登場にも拘わらず人気になっているコートのご紹介です。

*昨日の1999real storeのフライヤーでも着用しているものです。

009_20181126134523d64.jpg

LaGuardia(ラガーディア)


_MAY5940.jpg
_MAY5941.jpg
ミリタリーに詳しい方ならすぐ元ネタはわかると思いますが、

アメリカ軍のMー47ミリタリーパーカーをイメージソースにリデザインした1着。

パッっと見、ディティールはそのまま?

のように見えるかもですが、ハンドウォーマーのフラップをなくしたり、

腰ポケットのフラップとベルトループを一体化したり微妙にアレンジをしています。

でもなんと行ってもオリジナルとの最大の違いがこれです。
_MAY5947.jpg
脱着式のライナーはオリジナルに準じますが、

_MAY5948.jpg
取り外したライナーを裏返し
005_20181126135352342.jpg
一重のウールパーカーとして着用可能なところ。

いわゆる3Way仕様。

表地はヘビーウエイトで高密度のオリーブ・コットンバックサテン。

取り外しのライナーは展開店舗により画像のオリーブとブラウンの縮絨ニットメルトンになります。

実は東京では今年の初めに大雪が降ったのですが、その時にオリジナルのM-47を着て出勤

その様子をinstagramに掲載したところ、反響があり、

”それならこれをベースに作ってみるか!”という、、、、ストレートな作り方を初めてしました(笑。

またそんなこともあるかもしれません、また最近ではこちらを優先して情報を

掲載しておりますのでinstagramをされている方は良かったら

soundman.jpのフォローをお願いします!

【MODEL】   LaGuadia (ラガーディア) 
【STYLE NO.】 613M-858M
【SIZE】 36-38-40
【COLOR】   OliveGreen (Liner Brown) 1 、 OliveGreen (Liner OliveGreen)2 
【PRICE】    ¥83,000(+TAX)

取り扱い店舗に関してはHPのContactページよりメールかまたはそこに記載している電話番号にお問い合わせください。
なお、こちらの商品(OliveGreen 2 )はSoundman Official web store ”1999(OneTreeNine)"でもお取り扱いしております。(38サイズのみとなります。)
ぜひ御覧ください。








  1. 2018/11/26(月) 14:52:22|
  2. Soundman 新作
  3. | トラックバック:0

11/25 (sun) 1999(One Three Nine ) Real store @ SHIBUYA NOVORE

real store 1999DM 縦2018 11 25のコピー

毎月第4日曜日開催の1999 Real store @ SHIBUYA NOVORE

今月11月は25日になります。

渋谷駅近くの桜丘 novoreまでお越しください。

渋谷novore MAP

  1. 2018/11/19(月) 13:24:30|
  2. Information
  3. | トラックバック:0

"Aberdeen"(アバディーン) 大人が着れるドンキージャケット。

もしかするとイギリスを代表するワークウエアと聞かれて

一番筆頭に来るかもしれない、、、。

また”スキンズ”と呼ばれるユースカルチャーを語るには欠かせないコートとも。

今回はそんな”Donky Jacket (Coat)"をイメージソースにしたアイテムの紹介です。

3430_001.jpg
14533477_1829388223946930_766947662892105728_n.jpg

両方ともかなりわかりづらいものになってしまいましたが、

ドンキージャケットとは簡単に言えば肩に当て布叩いたメルトンのお尻が隠れる丈のワークコートのことです。

本来は港湾労働者などが着用した冬用の外套で、荷物を担ぐため肩当てが付いています。

肩当てはレザーだったりビニールだったり。

イギリスのユースカルチャーがコンセプトのショップだったり古着屋さんで目にすること多いこのジャケット。

正直自分は何度か着たいと思いながらも着たことがありませんでした。

なぜなら、、、、

正直着れるクオリティーのものを見つけられなかったため。

もっとも本当のワークジャケットであればそんな良いクオリティのメルトンなんて使うわけない。。。。

故に”大人が着れるドンキージャケットを作ろう。”

それが頭にあり企画しました。

_MAY5903_20181115131626850.jpg

表地には日本が誇る尾州で織ったヘビーメルトンを使い、

肩当てと腰ポケット補強布には前回のブログで紹介した

Ashley(アシュレイ)でも使用しているブリティッシュ・ミラレーン(イギリス製)の

ベタつかないコーティング加工のコットンを叩きました。
_MAY5905.jpg
_MAY5909.jpg
_MAY5906.jpg
これぞ大人に着て欲しい、ドンキージャケットです。

そして同型でもう1素材。

_MAY5914_20181115144159739.jpg

_MAY5915.jpg
_MAY5923.jpg
_MAY5917.jpg

こちらで使用したのはアメリカのハンティングジャケットなどによくあるチェック、

いわゆるハンターズチェックメルトン。

表地以外同じですが、一気にアメリカンカジュアルイメージになります。

004_2018111514463245a.jpg

なんだか暖かかったこの秋、ようやく朝夕も冷え込み始め、この辺りのコートの出番もありそうです。
以下詳細です。

ソリッドネイビー タイプ
【MODEL】   Aberdeen(アバディーン)  
【STYLE NO.】 633M-855M
【SIZE】 36-38-40
【COLOR】   Navy
【PRICE】    ¥62,000(+TAX)

バーガンディーハンターズチェックタイプ
【MODEL】   Aberdeen(アバディーン)  
【STYLE NO.】 633M-857M
【SIZE】 36-38-40
【COLOR】   Burgundy Check
【PRICE】    ¥57,000(+TAX)

取り扱い店舗に関してはHPのContactページよりメールかまたはそこに記載している電話番号にお問い合わせください。
なお、こちらの商品はSoundman Official web store ”1999”(OneTreeNine)でもお取り扱いしております。(サイズは2モデルとも36、38のみとなります。)
気になる方は是非ご覧ください。









  1. 2018/11/15(木) 17:03:34|
  2. Soundman 新作
  3. | トラックバック:0

Ashley (アシュレー)BritishMillerain ver.

先週末、札幌Arch HERITAGEさんにて開催した

Soundman POP UP SHOP。

たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。

一昨年から3年連続のこの時期の開催というわけで経験から防寒対策をバッチリ決めての

いざ札幌だったわけですが、、、、、

今年は思いの外暖かく、、、、、、

すっかり当てが外れた格好になりました。

IMG_6347.jpg
左が3年前の11月6日 右が今年11月4日です。

特に一番上に羽織っていったコート、内側にツイードを貼ったそれが裏目に出て、、、

*うちのコートですが、名前は伏せさせていただきます(笑。

出がけに迷ったもう1着のコートで来ればと今回ばかりは後悔しました。

なぜ着ていかなかったというと都合3年連続でこれを着ることになるからというのが大きな理由だったのですが、、、

これだったらライナーの脱着で調整できたのです。

そう、今回はその3年連続で作っているそのコートの紹介です。

2018aw_22_1.png

一見オイルド加工のように見えてベタつかないというBritishmilerrain(ブリティッシュミラレーン)

のコットン素材をシェルに使い、

内側には脱着式のコーデュロイの衿つきウールメルトンライナー(袖は中綿入りキルティング)が付く

ベルト付きのバルカラーコート(ステンカラーコート)

"Ashley" アシュレー。

2018aw_22_2.png
IMG_0488.jpg


2018aw_22_8.png


暖かかったらこのようにライナーを外してしまえばさらりと羽織れるコットンバルカラー(ステンカラーコート)に。2018aw_22_3.png*こちらの画像はサンプルのためチラリと見える裏地はブルーですが、量産は全て他にあるコットンビエラのバーガンディチェックです。



肩にストレスのかからない一枚袖のラグランスリーブ、また身幅もゆったりめのサイジングのため

重ね着には最適です。

元々は1930年代のアパレルアーツというアメリカのファッションイラスト雑誌にあったそれにインスパイアされ

デザインしたので、当然スーツの上から羽織るのにも適しています。

カジュアル合わせでしたらこんな風にクラウンの低いベースボールキャップなど合わせても良いかとStylingしてみました。

011_20181106173920484.jpg

一昨年昨年と気になりながら買い逃してしまった方もいらっしゃったはずですが、

冒頭に書かせていただいたように本当に重宝な1着になることは保証します(笑。

ただ相変わらずの少数生産のため早めの対応がよろしいかと存じます。

【MODEL】    Ashley(アシュレー)
【STYLE NO.】 513M–447M
【SIZE】 36-38-40
【COLOR】   Dark Olive
【PRICE】    ¥86,000(+TAX)

気になられる方はこちらをごらんください。

それでは!

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2018/11/06(火) 18:18:42|
  2. Soundman 新作
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

CHIHIRO IMAI

Author:CHIHIRO IMAI
Soundman (サウンドマン)デザイナー

【BRAND CONCEPT】
テーラード、ワーク、ミリタリー、スポーツとカテゴライズされる20世紀に完成した男服のディティールを掘り下げ、21世紀の視点からリ・デザインするStylish-low-teck clothes (スタイリッシュ・ローテク・クローズ)。


【Soundmanは全国のセレクトショップにて展開しています。http://www.soundman.jp】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する